top of page

カルナバケーションからお知らせ


この度、カルナバケーションは合同会社デフムーン(代表:黒岩利之)の
所属アーティストになりましたことをお知らせします。
カルナバさん、15年やってもまだまだ楽しいお年頃です。
どうか引き続き応援よろしくお願いいたします!
​カルナバケーション メンバー一同
以下、プレスリリースです。

ボーダレスでピースフル!!

令和の恋愛マスター、カンタス村田率いる

ブラジル系ラテンバンド“カルナバケーション”が

2024年第1弾シングル「恋愛万々歳」を配信!!

リリース記念ライブも同時開催決定!!

平素より大変お世話になっております。この度、昨年、結成15周年を迎えたカルナバケーション(略称:カルナバ)が、配信シングル「恋愛万々歳」を2024年第1弾シングルとしてリリースすることとなりました。早稲田大学ラテンアメリカ協会を母体にヴォーカル兼リーダーのカンタス村田を中心に結成されたカンタス村田とサンバマシーンズを前身としてインディーズシーンで活動してきたカルナバケーションですが、昨年渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催された15周年記念ライブを機に、ほぼDIYで活動してきた体制を一新。同じ早稲田大学ラテンアメリカ協会出身の音楽プロデューサー、一志順夫氏の仲介で合同会社デフムーン(代表:黒岩利之)とマネージメント契約を締結。この春より、新たな体制での活動をスタートさせます。
 その第1弾としてリリースされるのが「恋愛万々歳」。300曲ある未発売のオリジナル曲の中から、メンバーの思い入れのある数曲をピックアップ。その中から、デフムーン所属の音楽プロデューサー、ネゴロノブを中心に討議を重ね、選ばれたのが、この「恋愛万々歳」です。泣いて笑って踊れる音楽を目指すカルナバケーションならではの祝祭感に包まれたブラジルテイストのラテンナンバーとなっています。令和の恋愛マスターを自認するカンタス村田独自のエモーショナルでお茶目な歌詞と、演奏スキルの高いバンドメンバー(ギター:浅見卓矢、ドラム&パーカッション:岡部量平、キーボード:田中綾美、林遼佑:サックス)との掛け合いは絶妙です。
 そして、新体制を告げるべく、リリース記念ライブも同時開催されます。通常はサポートメンバーやサンバダンサーなども入れてひたすら派手に繰り広げられる彼らならではのライブですが、今回は5人のメンバーのそれぞれの個性を際立たせたく、中枢メンバーにしぼり凝縮した空間を設計。カルナバケーションならでは歌って踊れて泣けるライブの新たな展開をお楽しみください。
「15年間、自分たちの好きなことだけやってきました。
昨年頃よりバンド内で、再度アルバム制作の話が持ち上がりましたが、バンドにとって新しい何かが加わらないといけないなぁと漠然と考えていました。
そんな悩みを一志さんに相談させて頂く中でご紹介頂いたのが黒岩さんでした。ライブを見て頂き、終演後に黒岩さんに初対面。その瞬間に「この方の話を聞いてみたい」と確かに直感で思いました。その後、一志さんにお話の場を作って頂いたのですが、まだ会って2回目なのに一通りお話をしたあとに、黒岩さんは「とりあえず、一緒にやってみましょうか」と言ってくれました。この15年を経て、ほとんど自然と人間不信になっていた自分にとっては「え!もう?!」と衝撃でした。
その後、メンバーとの話し合いの場をたくさん設けてくださったり、メンバー個々の様々な活動の場への配慮をしてくださいました。丁寧に僕らの活動の現状を見て、可能性を感じてくださり感謝しています。全力でこたえなきゃ!
たくさんの知恵を借りて、さらにエンターテイメントに磨きをかけていこうと思いますので、どうかよろしくお願いします。
(カルナバケーション 村田匠/カンタス村田)」
「最初にカルナバケーションの音源を幾つか聴かせて頂いた時に、歌声の圧倒的なパワーと、演奏力の高さに驚きました。
で、自分の役割は何だろう?と考えてみた時に、3つのキーワードが浮かびました。
・とにかく楽しい事
・コンパクトにワチャワチャ感を伝える事
・メンバー其々のパーソナリティを全面に出す事
このキーワードに沿って、ブロックで工作するように楽曲を構築して、"恋愛万々歳"が出来ました。
幅広い年齢層の方々に口ずさんで頂いて、何年経っても残り続けるエバーグリーンな楽曲になると嬉しいな〜と思っております。
先ずは皆様、お楽しみ下さい!!」
(音楽プロデューサー:ネゴロノブ)
 
 「彼らの15周年ライブを見て、カンタスさんにご挨拶した時に、「死ぬほどダメ出ししてください!」と言われてビックリしました。それできっと現状に満足されてないんだろうと思い、いっぱいメールで改善点、気になる点を送りました。そしたら、その言葉をすごく喜んでくれて、とりあえず会おうとなり、気がついたら巻き込まれてました(笑)これも、今考えるとカンタスさんの作戦だったのかもしれません。でも、ひとつ言えることは彼らの音楽とライブはとても楽しく居心地がよく、ずっとこのままでいたいと思わせる魅力にあふれていました。僕がずっと見失っていたものがそこにあるような気がしました。この春から彼らと一緒に音を楽しむ旅に出ようと思います。結果、皆さんにそんな彼らとその音楽を届けることができたら嬉しいです」
(合同会社デフムーン 代表:黒岩利之)
◆リリース情報◆
タイトル:「恋愛万々歳」
発売日:5月17日(金)
レーベル:DefMoon RECORDS

◆ライブ情報◆
★カルナバケーション「恋愛万々歳」Release Party★
『令和の恋愛革命~カルナバ大作戦』
日時:5月19日(日)
場所:表参道WALL&WALL
開場:16時
開演:17時
【チケット情報】
一般前売入場券<販売期間:4/8 18:00〜5/18 23:59 >
¥5,500 +1drink ¥700
当日入場券<販売期間:5/19 16:00〜 >
¥6,000 +1drink ¥700
◆カルナバケーション プロフィール
音楽エンターテイメント集団。
村田匠が早大在学中の2008年にブラジル音楽とポップスやファンクなどの音楽との融合を掲げ結成(当時:カンタス村田とサンバマシーンズ)全曲の作詞作曲を村田がする。フジロック出演、アルバムリリース等をしたのち、サウンドはそのまま2015年に現在の名前に改名。
現在までに5枚のアルバムリリース。160本以上のワンマンライブを開催し独自の世界観で活動を続けている。
2023年には結成15周年を記念して、duo MUSIC EXCHANGEにて満員御礼のワンマンライブを開催。近年では、NHK『おかあさんといっしょ』にて村田匠が作詞作曲した「かおたいそう」や「にんじんエンジンロケット」後者はカルナバが編曲担当。そのサウンドと共に話題となり、NHK『沼にハマってきいてみた』にて高校生に聞いた「おかあさんといっしょの思い出の歌48曲」に入った。その他にも世界的スポーツ公式イベントやJR東日本主催のイベント、各フェス等への出演経験もあり。
サンバにロックにファンクに祭り、問答無用のハイテンションで疾走します。
最新アルバムは2021年リリースの『素敵な未来予報』
HP
YouTube
◆ネゴロノブ プロフィール
小学5年生の時にYMOに衝撃を受け、シンセサイザーを購入。以後はTECHNO、NEW WAVEに傾倒するも、高校時代に入部した軽音楽部の先輩達が演奏するR&R、SOUL、R&Bに影響を受け、ROOTS MUSICを地元ライブハウスで連日セッションを始める。25歳の時に福岡出身バンドTHE KIDSのライブサポートキーボーディストとして、初デビューし、七尾旅人、Salyu、フルカワミキ(ex SUPAR CAR)、小野大輔、鈴村健一等、様々なアーティストのライブサポート、レコーディングに参加。
その後、レコーディング、ライブサポートの傍、矢沢永吉のLive楽曲ストリングスアレンジ、幕間の映像音楽やTVアニメ劇伴や映画、舞台の音楽担当として 楽曲提供も行う。
問い合わせ:合同会社デフムーン(黒岩/大高)03-6281-6022
閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page